バックナンバー: @ A B C

■ATRで被験者になったときにやった課題

■■■課題1:「気になる写真:他人との違いの探求■■■



(1)フェーズ1(8分かん)
●できるだけ多くの写真集を見て回って、自分が気になる写真の右上にポストイットを貼る。ちょっとでも気になるものは貼る。
●可能なら、なぜ気になるのかを簡単にスケッチブックに書き留めておく


(2)フェーズ2:他人との会話
●自分が話し合いたい写真集のところへ行く。話あうペアを決める(1分間)
●各々の写真がなぜ気になるのかを言語化し、会話する:(10分間)
@自分はどういうことやものが気になるのかを探求する
A相手はどういうことやものが気になるのかを探求する
●再度違うペアで繰り返す


注意事項:
●他人と会話するときは、各々の写真を二人で(三人)でよく見ながら会話する
●必ず写真の方に身体を向けて会話する
●話し合っているときにも、何でもスケッチブックに書き込んでよい(でも会話がメイン)




■■■課題2:その時の気分に浸って、記述(15分)■■■

フェーズ1(自分で写真を選んでいたとき)、フェーズ2(相手と会話していたとき)において、印象に残っている写真や他人との会話に関して、
●自分はどんなことを知覚していたのだろうか
●自分はどんなことを感じていたのだろうか
を考え(新たに発見しながら)、できるだけたくさんスケッチブックに言語化する。

ポイント:そのときの情景を頭に思い描いて、そのときの気分に浸って言語化すること。








■■■課題3:そのときの気分に浸って、記述その2■■■



課題1の最中のビデオを見ながら、印象に残っている写真や他人との会話に関して、再度、
● 自分はどんなことを知覚していたのだろうか
● 自分はどんなことを感じていたのだろうか
を考え(新たに発見しながら)、できるだけたくさんスケッチブックに言語化する。

ポイント:その時の情景を頭に思い描いて、その時の気分に浸って言語化すること


(1) ビューワーを見ながら、その時の気分に浸る。

(2)自分の知覚や感じ方に関して、新たに発見しようと努力する
 (課題2でかけなかったことを、できるだけたくさん書こう)

(3)書く時にはビューワーを一時停止する。スケッチブックに何か書く際には、
 その横に、一時停止した時の時刻カウントを必ず併記しておく。

(4)写真集を再度見に行ってもよい。
 (a)どの写真集を見に行ったか
 (b)その時の時刻
 (c)そこで何か思い出したら、思い出したことをメモる

(5)基本的に他人と会話はしない。





最後に一番気に入った写真を一つ選んで、どこがいいのか言語化






                                      ■戻る■
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット