バックナンバー: @ A B

■KJ法

20〜30枚写真を撮る

(1)その写真を2次元平面上で、グループを作って配置する

  • なんとなく似ているもの(見かけ、その他の特徴)
  • 『これは一緒にしておきたい気がする』という感覚を大事にしてグループ化


    3、4個集まったグループが 3,4つできたら、その各々のグループに関して

    (2)そのグループに関して、以下の言語化をする

  • 一緒にしておきたいと思った”感覚”を言葉にする
  • いきなり言語化しなくてもよい。思いついた単語やフレーズを書くことから始める
  • 最後に、そのグループにタイトルをつける

    (3)タイトルをつけ終わった各グループの、相対的な位置関係を調節する。意味が近いものは近くに、関係が薄いものは遠くに配置する。


    全ての写真に関して、どこかのグループに分けてタイトルをつけたら

    (4)タイトルだけを見て再度KJ法を繰り返す。


    (5)写真を2次元平面上にはり、タイトルワードを書いてグループ化したものを固定する。


    (6)最後に、”自分は何を考えどんな写真を撮ったのだろうか”ということを振り返って言語化してみる。















  •                                       ■戻る■
    広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット