バックナンバー: @ A B C D E

■写真活動vol.7■ 3日ごとの更新を目標 (最終更新04年9月10日)

やり方
@写真を撮る
Aその写真に感じる言葉や、感じたことを全て記述する
C縦横をカットしてみて感じ方が劇的に変化するきり方を発見する
D切った写真一枚一枚に対してAを行う
Eどんな切り方が変化をもたらすかを考えていく


作業日:2004年9月9日  元の写真
思ったこと感じたこと
雄大、壮大

■見ている部分
真ん中の濃い白の滝、左の細い滝集団の下半分のぼやけているところ

白糸の滝

横の規模がすごく大きい滝だったので、横に広がってんだと言うところと、壮大さを強調できる何か目をひきつけるいい部分を同時にいれようと思ってこの場所をとってみた。

撮った写真を見て

右端のほうは、あまりいい滝が写っていないけど、左端から真ん中ちょいすぎぐらいまでは現場の雰囲気がよく出ていると思う
右の岩肌が強い部分をカット
思ったこと感じたこと
みずみずしい、濃い

■見ている部分
真ん中の濃い白の滝、左側のもやと滝、草っぱらのライン

右側の滝が少ない部分がなくなって、写真全体の滝密度がアップした感じ。中身がつまった感じ。手前の原っぱのラインがちょっと目立つようになった。斜めに綺麗に伸びている部分だけうまく切り取ったからだと思う。

ただ右端の上のほうから、真ん中の白い滝までをむすぶラインが一枚目よりも短くなったからか、壮大さが小さくなった気がする。右端からぐっとためて中央の滝でドカンと来るパワーが減った感じがする
崖から滝へのラインを消す感じでカット
思ったこと感じたこと
くすぐったい

■見ている部分
左側の細い滝

写真が縦長になったから、縦のラインが強くなった。細い滝がつよくなった。プールに入る前と後に浴びるシャワーを思い出す。くすぐったい感じがする。
下のくさっぱらをカット
思ったこと感じたこと
やわらかい、やさしい、落ち着く

■見ている部分
草っぱらのラインと左半分のもやがかかった滝達

くさっぱらの下のほうをカットしたら、くさっぱらのピシッとしたラインがやさしいラインに変わって、左端の霧と協力して優しい感じを生み出しているのではないか。滝も横に広くゆったりとしていて落ち着く写真になった。
くさっぱらを完全カット
思ったこと感じたこと
激しい、荒い、近い

■見ている部分
画面の左半分の滝、特に濃い白い部分、岩肌

地面がなくなって、激しく下に落ちていく感じになった。そして上の写真よりも若干滝に近づいた感じがある。地面がなくなって、距離が測れないからかなぁ。上の写真では気にならなかったけど、この写真では岩肌に目が行った。上の写真よりもごつごつに見える、というか岩肌がくっきり目に入ってくる。この写真の印象を左右しているのは意外としたのくさっぱらだったのかも。
上の森をカット
思ったこと感じたこと
中途半端、近い

■見ている部分
真ん中の白い滝

滝を強調したいけど、この写真は滝がメインなのに草が強くっていまいち。この写真は滝が落ちてくる先をカットした。上の写真は滝が落ちて行く先をカットした。上の写真のほうが不安定で激しい写真に見える。流れてくる方向よりも、流れていく方向をいじったほうが劇的な変化があるかもしれない。今度、他の写真で試してみよと思う。この写真も滝までの距離が若干近い感じがする。たぶん上の今までの写真は木と滝を比べて滝の大きさを把握していたんじゃないかと思う。
上の森と下の草をカット
思ったこと感じたこと
こっそり

■見ている部分
上の木と、下の草がつくっている「<」見たいな形

この写真は今までの写真と違って、奥の行く流れが強い。上の木と下の草が作っている三角のラインが目立つようになっからだと思う。この写真で自分がいる位置はどこだろうと考えると、写真右端の上の木と下の草で狭くなっているところで、このもっと手前で木と草で身を隠すようなところにいそうな気がする。だからこっそり見ているような写真になったんだろうか。



                                      ■戻る■
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット