思いつきメモA:祭り

豊田「おいでん祭り」の創設者、
竹内正美氏の講演会を聞いたときのメモです


今だから「まつり」が必要
自分ならこれができる = エネルギー
この力を集約することができればまつりは大きくなっていくのでは?

眠っている「力」を呼び覚ますの機会となるのが「まつり」


自分たちで汗をかいて楽しむ
一緒に作り上げていこう
人的財産を有効に利用する
ネットワークの活用
今あるものを生かせばもっとできる、知恵をしぼって考えてやってみる

自ら楽しみ、その姿を子供に見せ付つける
「大人になったらああなりたい」と思ってもらえるように

店のモットーをPRすること、今すぐできること
個店の魅力をアピール

止線 = いかに止まってもらうか
人とのコミュニケーションが始まる

祭りの基本
「むすんで ひらいて てをうって むすんで」
むすぶ = 集う
ひらく = 集まった集団をいったんひらいて周りの人を巻き込む(人材探し)
てをうつ = まつり実行
むすぶ = はじめに集まったときよりも大きな輪となっているはず

この循環でどんどんおおきくなる。今の集団だけでやろうとせず
まわりに目をむけ、使えそうなものをどんどん取り込む



                                      ■戻る■
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット